売ったハイエースが不良だ!とイチャモンつけられたら

売ったハイエースが不良だ!とイチャモンつけられたら

万が一、ハイエースを売却したあとに中古車買取業者が、売ったハイエースが不良品だからと文句を言ってきたという話を聞いた事があります。

 

そんなヤクザまがいの車買取トラブルの対処法は、簡単に業者の要求に応じないことです。

 

ハイエース買取をしたあと

  • 試乗したら異音がした、
  • 買った車に事故の修理歴が見つかった

買取金額を減額して振り込むが、それが不服なら契約は不成立とする。

 

という中古車買取業者がいますが、そういう要求には一切応じる必要はない。

 

というのが正しい車買取トラブルの対処法です。

 

なぜなら、車の買取価格は、実際に業者が自分の目で車を見て決定しているものですので、このような一方的な減額の申し立てをしても無効だからです。
たとえそれが事実であったとしても、それは業者の見落とし、過失であり、車を売却した人には責任はありません。

 

このような電話が買取業者からあったという場合は、その内容を録音したうえで、日付や担当者名のメモを取っておくのが最良の車買取トラブルの対処法です。

 

それでも業者から買取価格の減額の要求が続いたという場合は、電話録音とメモを持ち、各地方自治体にある消費者相談センターに相談するようにしましょう。
場合によっては消費者相談センターに相談したということを伝えるだけで、業者からのクレームがぴたりと来なくなることもあります。
このような悪質な買取業者に当たらないようにするためには、業者の口コミを参考にしてみたり、複数の業者に一括査定を依頼し、一番信頼のおける業者に買取を依頼するようにしましょう。

 

悪質業者のリスクヘッジにコチラで査定!

 

ハイエース買取トラブルの解決法