ハイエース買取トラブルの原因

ハイエース買取トラブルの原因

ハイエースなどの車を売却する時には多少のリスクを考慮しておく必要があります。

 

例え車に高額査定が出て売却したとしても、その後にトラブルが発生することは良くあるのです。

 

そこでハイエース買取トラブルの原因と対処法についてアドバイスをします。

 

ハイエース中古車などの買取の際に考えられるトラブルとしては、車の名義変更が遅いというものがあります。
売却したハイエースはいったん業者名義に変更されるのですが、次のオーナーに売却することが決まっている時などは名義変更しないでそのままという事例が多いのです。

 

その間にもしも大きな事故を起こしたら??

 

責任を問われることにもなりかねないのです。
このようなトラブルを防止するには、名義変更の時期と報告方法についてしっかりと契約しておくことです。

 

また結構多い車買取トラブルの原因として、距離メーターの巻き戻しがあります。
このような時、業者は売買契約を結んだあとでも一方的に契約を解除することがあります。

 

例え売却した本人がメーター巻き戻しの事実を知らなくても、素直に契約解除に応じるべきです。
中古で買ったハイエースを売りに出す場合に、このようなことが起こりうるので注意が必要です。
また車内に私物を残したまま売却してしまうと、これも車買取トラブルの原因になります。中古車買取の場合、すぐに新しいオーナーに売ってしまう場合があるので、そうなると忘れ物を取り戻すのはかなり難しくなってしまいます。

 

小物の忘れ物なら諦めもつきますが、結構な高額または貴重品などを忘れているとかなりなダメージになります。

 

買取業者が「そんな物は無かった」とシラをきってしまったらそれまでです。
水掛け論になって収拾がつきません。

 

ですので、ハイエースの売却が決まった時点で、貴重品のチェックや小物入れの中のチェックを必ず行いましょう。
特に注意してほしいところが、座席の下にお金が落ちていたりだとかはよくある事です。

 

小銭ならまだいいですが、へそくりをマットの下の隠しておいてそのまま・・・というケースも聞いたことがあります。

 

本人は隠した事自体忘れてしまっているのでしょうか。。。

 

売ったハイエースが不良だ!とイチャモンつけられたら